「塾のこととか」カテゴリーアーカイブ

「あせり」と「あきらめ」

大学の共通テストまで3カ月を切り、高校入試(にゅうし)もあと100日ちょっと。中学入試は100日を切りました。

 

どれもあと3カ月前後ですが、みなさんは、3カ月前は何をしていましたか?

そこから成長しましたか?

今から3カ月で、今までの3カ月よりも成長できると思いますか?

 

 

学校のワークは、提出日の前日にがんばればなんとかなります。

塾長も期限が近づかないと頑張(がんば)れませんので、気持ちはよくわかります。

 

入試は前日の一夜(いちや)づけではどうにもなりません。

今年の受験生は、入試が近づいていても、あまりあせりが見られません。

 

直前になってあせって勉強するのはまだマシなほうで、気持ちだけあせって何もせず、直前(ちょくぜん)になったらあきらめに変わることが最悪(さいあく)の最悪です。

あせるだけで何もしないで直前になってあきらめるぐらいなら、最初からやめた方が断然(だんぜん)いい

 

 

受験(じゅけん)なんて先のことだと思っていませんでしたか?

「まだ1年もある」

「まだ半年もある」

なんて思っていませんでしたか?

 

あっという間にあと100日という数字が出てきたと思います。

あせってばかりで何もできないかもしれません。

しかし、まずは一歩ふみ出すことです。

 

 

そして、がんばるしか結果は出ないことをわかってください。

今までの2倍勉強したところで、2倍の点数が取れるようにはなりません

 

大学の合格者と不合格者では、3年間で394時間の()があったそうです。

実際(じっさい)のテストの点数の差はわずかかもしれません。

394時間という時間が、わずか10点、20点の差を生むのです。

========================================
今日も昨日と同じか


神は死んだ

 

塾長もレポートを書かなければならなかった。西洋(せいよう)哲学(てつがく)のレポートを書いていたが、簡単(かんたん)だと思っていたのに、信じられないぐらい(むずか)しかった。

ニーチェが言った「神の死」は、古い伝統(でんとう)での神が死んだわけであって、本当の意味での神との出会いだった。小難(こむずか)しい話は()いといて、「神の死」は衝撃的(しょうげきてき)だ。いいか悪いかは別にして、真理(しんり)を求める哲学者(てつがくしゃ)姿勢(しせい)感心(かんしん)する。

 

「長い物には()かれろ」という言葉がある。年寄(としよ)りやえらい人の言うことを聞けということだ。

日本は神に反抗するどころか、ただの人間にも反抗することができない。

真実(しんじつ)というのは、批判(ひはん)から生まれる。

 

道をえらぶということは、かならずしも歩きやすい安全な道をえらぶってことじゃない

 

                  ドラえもん

進路をどこにするか

「チョコレート戦争(せんそう)」という本を小学生のときに読みました。

内容(ないよう)もおもしろかったのですが、今でも(おぼ)えているところがあります。(内容(ないよう)は紹(かい)しません・・・)

 

(くつ)(みが)きにも(ほこ)りがある

 

仕事(しごと)にエラい、エラくないはありません。何事(なにごと)にも一生懸命(いっしょうけんめい)にやる人はチャンスが多いということ。

仕事に失敗(しっぱい)して、(くつ)(みが)きとして再出発(さいしゅっぱつ)した登場人物(じんぶつ)は、ケーキ屋さんとして成功(せいこう)します。

 

だれでも一生懸命にやれば成功するのかといえば、それは(ちが)います。

どんなに頑張(がんば)っても失敗するときは失敗する

 

でも、この国の人は頑張っている人を怒れないという習性(しゅうせい)があるように思います。

実際(じっさい)はそんなに単純(たんじゅん)ではありませんが、自分の道は自分で開くしかありませんし、結局(けっきょく)は自分が頑張らないといけない。

 

無理(むり)をする必要(ひつよう)はありませんが、無理をしないといけないときもあるんです。

 

今の子供たちは(むかし)(くら)べてマジメだと思います。それと同時(どうじ)に、(よく)が無いようにも思えます。

塾長みたいに、単純に給料(きゅうりょう)が高いという理由だけで弁護士(べんごし)を目指すような子供はいないようです。

別にそれはいいと思いますが、「(えら)くなりたいわけじゃない」「尊敬(そんけい)されたいとは思わない」などはよく聞きます。「自分の好きなことだけやりたい」ということですが、これは良いとは“言えない”のです。

 

それはなぜか。

この国の教育の目的は、『人格(じんかく)完成(かんせい)』だからです。

簡単(かんたん)に言うと、人格者(じんかくしゃ)尊敬(そんけい)されるような素晴(すば)らしい人)にすることです。だからといって、完璧(かんぺき)な人間になる必要はありません。あくまで、完成された人間を目指して努力(どりょく)し、自分に合ったものを見つければいいということです。

 

完璧な人間なんていません。目指すことで意味を見つける。

 

教育は、はじめは大人たちの考え方の押し付け(おしつけ)です。

君たちが(のぞ)む、望まないは関係(かんけい)ありません。

 

だけど、押し付けられたということは、大人になった時にそれが間違(まちが)っていると思ったら、世の中を変える権利(けんり)があります。ぜひ挑戦(ちょうせん)してください。

=======================================
今日も昨日と同じか?

何も気にしないのは無関心(むかんしん)なのか。

 

ちょっと前に、店で『ごはんが勝手(かって)に少なくされた』といって(おこ)っている女性がいた。まあ、同じお金を(はら)っていれば男性より少なかったら怒るのも無理(むり)はない。(ぎゃく)に男性は勝手に大盛(おおもり)になることも時々ある。

塾長は(あま)いものが好きだ。二人でバナナシナモントーストとベーコンエッグチーズトーストを注文すると、女性の方にバナナシナモントーストがだまって()かれる。そして支払伝票(しはらいでんぴょう)が塾長に(わた)される。『甘いものは女性、お金を払うのは男性』という文化(ぶんか)がまだ(のこ)っているのだろうか。

塾長はあんまり気にしていない。だが、これからは気にしなければいけないのだろうか。

「女だって大盛食わせろ」と言っていたが、「塾長にもケーキ食わせろ」?

もう塾長は変えられない気がする。若い人たちが変えていってくれればいい。

 

美しい(ひとみ)である(ため)には、他人の美点(びてん)を探しなさい

                  オードリー・ヘップバーン

大人の育て方(武井 壮)

武井壮という芸能人で陸上競技をやっている人が、「大人の育て方」という講義をやっていました。

 

この人は家庭環境が悪く、とても苦労された人です。

人の何倍も努力して、今の地位にありますが、努力だけでは言い尽くせないものがありました。

 

塾長が『大人の育て方』を見て驚いたことは

「陸上競技で日本一になっても、お金を稼げない」ということです。

 

それはなぜかというと、それ(陸上競技を見ること)を求める人が少ないからです。

年に1度しかない大会で、5万人も入る競技場を埋めることができないそうです。選手一人当たりでいうと、20人の観客を呼ぶこともできないらしいです。

 

もちろん、お金のためだけにスポーツをやっているわけではないと思います。でも、何百億円とお金をもらうプロスポーツ選手は大きな夢ではあると思います。

 

塾長を例にすると、剣道を35年、居合道を20年という経験がありますが、これでお金を稼ぐことは全くできません。それどころかお金が出ていく一方で、時間もお金も無くなるだけです。

長い経験があるので、初心者に教える立場にはありますが、ほとんど自己満足でしょう。

 

別に後悔はしていませんが、今はそこまで楽しんでいるわけでもないので、なんだったんだろうなぁと思うことはあります。

 

 

でも、年を取って発見することもありました。

それは、プロスポーツ選手とまではいかなくても、指導者、コーチなどで活躍できる人が多いということです。また、スポーツ(塾長でいうと武道)で人とつながることも多いです。

プロとは違い、生活のためではなく、自分や人の人生のためになります。

 

 

勉強やスポーツ、部活動、趣味、何にどれだけ時間をかけるのか、ちょっと考えてみてください。

 

この武井さんですが、もし自分の子供にスポーツをやらせるとしたら『クリケット』だそうです。

競技人口が多くて、すごく儲かるそうです。

 

金か夢かわかりません。

========================================
今日も昨日と同じか

人間は自然の中では生きられないのか。

 

今年は気温が36度という日が何日もあった。塾長の人生でもこんな年はなかったように思う。

思えば今年の夏も、涼しい部屋にずっといる毎日だった気がする。家から塾まで歩いているときだけ汗をかく。

エアコンが無いと危険なことはわかるが、この地球に生きていて、機械が無いと生きていけないというのは正しいのだろうか。

エアコンはおろか、スマホが気になって仕方がない中高生の、今後の人生が心配である。

 

便利な世の中になって、世の中は複雑になっていく。

 

少にして学べば、則ち壮にして為すことあり

(若い時に学べば、大人になって役に立てる)

               佐藤一斎

学力は簡単なたし算 2022

毎年同じようなことを書いています。

 

学力を上げるには、単純に勉強量(演習量)です。わかりやすい授業を受けても練習しなかったら出来るようにはなりません。

本に書いてあることを説明されただけで野球やサッカーがうまくなりますか?楽器が弾けるようになりますか?

 

わかりやすい授業を受けただけで成績が上がったら誰も苦労しないんですよ。

 

有名講師の予備校に行ったって、自分がやらなければ学力は絶対にあがらない。

 

いろいろな事情はあると思いますが、塾長が言うような勉強量がこなせないのなら、学力は自分が思っているようには上がらないのです。

 

  • 部活も長引いていますが、部活を理由に勉強から逃げてはいけません。

過去に野球やテニスで県大会や全国大会に行った生徒も、他の生徒と同じように勉強していました。

 

一流とは一つの流れ

部活をやるならそれも良い。部活は今しかできない。しかし、受験に失敗したときの責任は全部自分です。塾長の先輩は、浪人覚悟で部活をやりました。それはそれで立派でした。

 

 

「痛み無くして成果なし」

目標が高ければ高いほど、痛みも強いものになっていきます。

塾長は高校受験のときに、偏差値を20ちょっと上げました。それは、休日1日15時間、学校がある日は午前1時まで勉強という、今の時代にはおススメできないような勉強時間です。

 

みんなも人間、塾長も人間。やれば意外とできるもんです。

========================================
今日も昨日と同じか

できないことが分からないということ。

 

久しぶりに中学校に剣道の指導に行った。

試合前なので、1年生に試合のやり方を指導していた。1年生の中にも経験者がいて、やはり初心者とは違って強かった。

しかし、声が出ていないので1本取れない。剣道は声が出ていないと、いくら当たっていても勝てないのだ。先輩や先生から「声をだせ」と言われても、結局声が出ることはなかった。

 

声を出すという簡単なことなのだが、気持ちの問題である。

そうこうしているうちに、飲み込みが早い初心者に1本取られてしまった。

技を教えることは簡単だが、気持ちを変えるのは難しい。

 

五ツある くせをばひとつ 直しつつ あとの四ツをば しだいしだいに

                                  竹内流捕手腰廻小具足

1学期の終わりにむけて 2022

中学校では期末テストが終わり、高校生は中間が終わって期末テストが始まるころです。

 

中学生のテスト前の約2週間の勉強時間を見てみました。

だいたいの時間ですが、一番勉強した生徒と、勉強していない生徒を見てみましょう。

 

一番勉強した生徒(3年生) 60時間前後(去年は80時間ぐらい)

一番勉強していない生徒(1、2年生) 15時間前後

 

4倍ぐらい違うのですが、今年は去年よりだいぶ少ないです。

 

受験生優先なので、1年生は少し早めに帰宅してもらっていました。

2年生の勉強時間が少ないことが特に目立ちます。塾長は毎年のことなので、2年生が勉強しないことには慣れているのですが、解決策はなかなか見つかりません。

しかし、普通に順調な成長過程だとも思っています。

 

『中学生の時に、もっと勉強しておけば良かったなぁ』と思うことは普通です。

塾長だってそう思いました。

 

 

時間はみなさんに平等にあたえられています。自分の勉強時間をたしかめてみてください。

成績が上がらなかったら、もっと勉強しないといけないということです。

 

『勉強している時間』を増やさなければ、学力は上がりません。

勉強している時間とは、授業を聞いている時間ではなく、ましてやボーっとしている時間ではありません。自分で考えていたり覚えたりしている時間です。

宿題は勉強ではありません。作業です。『宿題をする』であり、『宿題を勉強する』とは言いません。

 

 

勉強は質も量も必要です。まずは量を増やすことです。無駄を経験しないとわからないことがあります。最初から効率よく勉強はできません。

 

 

あと、自分のやり方で勉強したいということも毎年聞きますが、偏差値が70を超えるような、塾長に教えられる必要が無いぐらい出来るようになったら言ってください。

もっと勉強すればよかったという後悔は、取り返すことができません。自分に納得のいくようにしてください。

========================================
今日も昨日と同じか

雨だと気分が乗らないのは動物でも同じらしい。

 

花札は知っているだろうか。和製のトランプだろう。その中に、おっさんが雨の日にカサをさしている絵のカードがあり、横でカエルが木の枝に向かってジャンプしている。

このおっさんは小野道風(おののとうふう)といって、自分の実力に悩んでいた。そこで雨の日に1匹のカエルを見た。そのカエルは枝につかまろうと何度もジャンプしては失敗を繰り返していた。何度も何度もチャレンジするうちに、ついに枝をつかんだ。

道風はこのカエルを見て、あきらめずにチャレンジすることを学んだのだ。

 

このおっさんとカエルの絵札は、雨という種類のカードだ。「小野道風とカエル」は強力なカード、雨は雨でも気分の良い雨である。

 

道をえらぶということは、かならずしも歩きやすい安全な道をえらぶってことじゃない

                                      ドラえもん

英語は必要なの?

グローバルという言葉は、みなさんも聞いたことがあると思います。世界を一つとしてみる考え方で、地球全体主義とでも言うのでしょうか。

 

日本は外国からいろいろなものを買わないと生きていけません。

 

食料自給率というのを聞いたことがあると思います。日本人が食べるものを、どれぐらい日本で作っているのか。外国から輸入しているものがなくなると、ほとんどの物が食べられなくなるというのを聞いたことがありませんか?

 

食料自給率=37%

 

半分以上が外国にたよっているということになります。しかし、この数字、カロリーベースといって、食べ物の栄養価(カロリー)で計算されているのです。

というのは、小麦粉や砂糖など、カロリーの高いものを輸入しているので、実際に食べているものを見てみると、意外と日本で作られているものが多いはずです。特に野菜などです。

 

とはいっても、日本は外国から物を買わないと今の生活が成り立たないのは変わりません。

 

では、日本はどこの国から物を買っているか。それは中国とアメリカが多い。

 

みなさんは、グローバル社会で生きるために英語を勉強しています。(文部科学省の文章に書いてあります。)

どこかの学校の副校長先生が、「グローバルは英語だけじゃない」といっていました。塾長もそう思います。数で言うと、中国語を勉強しなければいけないはずです。しかも日本のすぐ近くの国です。

 

英語が急に難しくなって1年たちますが、良くなったのでしょうか。英語が話せる日本人は10人に1人いるかいないかぐらいだそうです。

 

そりゃそうだ。だって英語が必要な人ってそんなにいないでしょ。英語が話せる人の中には英語教師だっているでしょう。そういう人は教えているだけで、生活で英語を使うわけではありません。

周りの誰も英語を話していないのに、英語を勉強しようと思うはずがない。

 

塾長が子供のころの30年以上前から英語が必要と言われてきました。しかし、英語だけが必要なわけではない。国は英語教育をまるごと考え直したほうがいい。

========================================
今日も昨日と同じか

将来は誰にも見えないが、流れを変えるのはむずかしい。

 

塾長も今月で塾を始めて13年目になる。干支が一回り回ったわけだ。

もう子供がいる卒業生もちらほらいる。

何が成功かはわからないが、勉強ができてもできなくても、みんながんばっているようだ。

 

漁師の子供が、親の反対をおしきって漁師になったというニュースを見た。歌舞伎役者の子供も歌舞伎役者に、国会議員の子供も国会議員に。

塾長には、その人たちが、どうして親と同じ仕事をしているのかはわからない。

 

しかし、流れを変えるのは難しいのかもしれないと思った。

 

晴れてよし 曇りてもよし 富士の山 もとの姿は 変わらざりけり

                                                   山岡鉄舟

やりたくないこと

塾長にも、学校でやりたくないことがありました。

 

体育祭は、小学校も中学校も応援団長でしたが、なぜだか希望もしていないのに応援団で、しかも団長にさせられていました。最高学年になると応援団に入らされて、しかもまとめさせられる。嫌な思い出しかありません。今思い出しても、“良かった”とは思っていないです。

 

合唱は、いまだにやる意味がわかりません。塾長は歌が苦手なので拷問に近いと思っています。

大学の授業で、小学校や中学校では合唱などの特別活動が大切だと勉強しましたが、それでも納得していません。

大学の音楽の授業では歌ばっかりでしたが、音楽の授業で嫌な思いをしてきた人が多いことを先生はわかっているようでした。それだけが救いに思えました。

 

塾長が小学校4年生ぐらいだったころのある日、夏の体育の時間でプールの予定でした。その日はくもりで時々雨が降っていて少し寒く、プールに入れるかギリギリの気温でした。

先生たちが話し合った結果、プールに入ることになりました。

教室中が「やったー!」との声で喜んでいました。

しかし塾長は寒いのが嫌いで、プールも嫌いです。だから、みんなより1秒遅れて喜ぶみんなに合わせました。泳ぐのは得意な方なので、友達は、塾長がプール嫌いなことは分からなかったと思います。

 

たぶん、大人たちや学校の先生は、「やりたくないことも勉強のうち」と言うのだろうと思います。

しかし、「やめる」という選択肢が残されていないことには納得できません。

 

塾や勉強は嫌なら辞めることができます。

 

 

勉強が少しできたところで、誰もほめてくれませんでした。

小学校は足の速いやつが、中学校は少しやんちゃなやつが、高校はおもしろいやつ、野球部やサッカー、バスケ部のやつらが男子のヒエラルキー(身分制度)のトップにいるのです。

 

 

不公平だと思うこともありますが、平等は後からやってくることもある。

かっこよくてモテてたあいつは30歳で体重が2倍になり、髪の毛は半分に。

 

これからの時代は、「やりたくない」が選べる時代になっていくのかもしれません。

しかし、やりたくないことができる人の方が強いんだろうなとは思います

===========================================
今日も昨日と同じか

差別はなくならない。

 

ほかと分けることを差別という。

シンデレラは美しいだけで金と名誉を1日で手に入れて、見かけが悪いおじさんは、公園のベンチに座っただけで通報される。これはどちらも差別である。

年を取ると、アイドルの顔がみんな同じに見えてくるのは本当だ。

どこの塾も予備校も、女子高生の絵やモデルが使われているが、あんなものに意味があるのだろうか。世の中の中年は、みんな同じにしか見えていないと思う。

東北大学が、女性限定の教授を募集したそうだ。男女格差を無くすと書いてあったが、本当にそうだとしたら、性別で募集するのは間違いではないだろうか。

 

同級生の女性が「結婚したら仕事したくない。」と言っていた。

これも価値観の一つだろう。

 

笑われて笑われて強くなる

                                   太宰 治

思いのほか高い山

スマホ依存は、人類共通の悩みでしょうか。

自分の感情や欲をおさえる精神力を自制心と言います。

 

スマホを気にしながら勉強したら、進みがものすごく悪いのは誰でもわかることですね。



いいですか、受験生諸君
ちょっと勉強したぐらいで簡単に成績が上がると思っている。甘すぎる。

今までの2倍勉強したぐらいで、誰よりも勉強したと思っている。現実を見た方がいい。

 

偏差値60以上の高校に行く生徒は、1年生のうちから毎日勉強し、テスト前は1日5時間も6時間も勉強しています。土日だって10時間以上勉強するでしょう。

そんな毎日コツコツ積み上げている生徒に、たった半年や1年で追いつけますか?

1日1時間の差は1年で365時間の差になります。この差をどうやって挽回するのでしょうか。

自分だけは特別だなんて思わないことです。

 

塾長が、何が気に入らないのかというと、今までよりもちょっと勉強したぐらいで、今までずっと勉強してきた生徒と同じような結果を求めるというバカげたことを言うことです。

結果をマネしようとするのではなく、努力をマネしてください。

 

あなたの「やってる」は、やってるうちに入らない。

勉強は簡単な足し算です。今以上に勉強しなければ、今以上の成績にはならない。勉強が難しくなるにつれてだんだん成績が下がってくるはずです。質より量ではなく、質も量も必要なんです。

簡単な話なので、受験生にはぜひ理解してもらいたいです。

 

特に新中3年生、あと10カ月半で受験だということが分かっているのでしょうか。

やらなきゃ出来るようになるわけがない。

===========================================
今日も昨日と同じか

ケンカするパワーがある。

 

年を取ると、人も動物もおだやかになっていく。(はずである。)

しかし、戦争を始めるのは老人である。全然おだやかではない。

若者が戦争の最前線に送られて死んでしまう。生き残るのは年寄りだというのはむなしい。

賢いはずのえらい人が、若い人に銃を持たせ、戦車に乗らせ、戦争をやらせる。

本来はケンカしている若者を止める役割をしなければならない。

 

勉強は、ケンカをせずに相手と話し合う知恵を身につけるもの。(これだけではないが)

戦争をしないために勉強をするのだ。

 

一文は無文の師、他流に勝つべきにあらず。きのふの我に今日は勝つべし

                                       新陰流兵法

次につなぐ 2022

みなさんも知っていると思いますが、当塾の高校3年生が医学部に合格しました。

医学部医学科は将来医者になるわけですが、医学部に合格するのはとても難しく、一番優秀な高校に通っている生徒でも数人ぐらいしか合格しません。

小学生の時から医者になりたいと夢を見て、誰しもが夢だと思っていました。

塾長は夢の注文を受けました。だから夢に向かって一緒に向かいました

塾長は医学部に合格する力は持っていません。はっきり言ってこの生徒の方が勉強はできます。

進むべき方向を示し、時には相談し、時には無駄話をし、時には一緒に考えてきました。

国語や小論文はまだ教えることが残っていましたが、ほかには何も教えることが無い。

信じたり疑ったりしながら、必死に勉強してきました。

「できるからやった。」ではなく、「やったからできた。」のです。

小学6年生で入塾し約6年半、小学校よりも長い期間この塾に通ってくれました。

ずっと同じ担任(塾長)。これは塾でなければできないこと。

塾長は、良い成績を取ってほしいわけではありません。難しい学校に行かなくてもかまわない。

夢なんて今は無くてもいい。

でも、生きていかなきゃいけないということです。

やりたくもないことを、けっこう頑張ったな。」という経験をしてほしいということです。

「やりたくないこと、嫌なことはやらなくていい。」それはそれでかまいません

でも、その責任は自分が取らなければなりません。

この国は、昔の人たちががんばったおかげで、がんばらなくてもどうにかなる世の中です。

これから生きていくなかで、もっと頑張りたいと思ったときに、頑張ったことがあったほうが頑張りやすいのです。みなさんの身近な人は、みなさんのために頑張っていませんか?

成功してもしなくても、頑張った過去がみなさんに自信を与えてくれると思います。

失敗をしないようにするには、先に失敗しておくしかありません。

 

===========================================
今日も昨日と同じか

意外な使い道。

 

塾長が若いころ、パソコンが流行っていたので、コンピューター関連の仕事に就いた。

法学部を生かせる仕事なんてなかったので、たくさん募集していたコンピューター関連に行ったわけだ。そこで2進数や16進数、関数を使う羽目になった。まさかこんなことで使うとは。

ついでにハンダ付けやパイプの径を測るのに三平方の定理など、消えた記憶を掘り起こした。

 

雷の光と音で、おおよその距離を計算し、近かったら外に出るのは控えたい。雷による事故は毎年あることはあまり知られていない。

知っていれば使う場面が増え、知らなくてもなんとかなる。

何も知らないと、知らないうちに事故にあい、だまされることもあるということ。

 

得手不得手 不得手の事に 数をかけ  後は不得手も 得手となるべし

                                             新陰流兵法

大学受験、今期最後の報告

今年度の大学受験は、本日の報告で終わりました。

見事合格してくれて、高校3年生全員の進路が決まりました。

 

朝10時、合格の報告が来ました。

横浜市立大学 医学部医学科 合格。

 

こんな小さな塾で、小学6年生のときから大学受験まで6年以上一緒に頑張ってくれました。

努力が実を結んだ結果、夢を実際に叶えてくれました。

梶原塾の6年間一貫教育は卒業です。

卒業するのはさみしいですが、卒業しても師弟関係は続きます。

 

いつか、卒業生のお医者さんと看護師に診てもらう日がくるのだろうか。

病気にはなりたくないが、そうなる日は楽しみです。